社会福祉法人 熊本市社会福祉協議会

サービス内容

地域福祉推進事業

校区社会福祉協議会支援

(1) 校区社会福祉協議会行動計画のための座談会
自分が暮らす地域にどのような福祉課題が顕在化・潜在化しているのか、その課題解決を図るために、住民として、団体として、機関として、どのような関わりができるのか。それぞれの立場で考える機会を設け、住民自らが福祉活動へ参画できる環境を整備するため、「行動計画書」を策定しています。校区社会福祉協議会を単位に住民座談会を開催し、様々な世代の方々に参加いただくことにより、多くの意見を聞き、事業活動の点検もしながら、関係機関との連携も構築しながら策定しています。

(2) ふれあい・いきいきサロン支援
高齢者等が気軽に楽しく集える場づくりを目指して、校区社会福祉協議会を中心とするボランティアと、地域福祉の関係団体が協力しあい、さらには当事者である高齢者等の自発的な参加を促す取り組みが、79校区399か所(平成25年1月末現在)で定期的に行われています。そのような中で、サロン活動の普及拡大に努めています。

地域生活支援事業

本会は地域福祉を推進する団体として、下記の事業を実施又は支援しています。また、下記の事業については、地域福祉班にお問い合わせください。

ふれあいランチ給食サービス事業
熊本市内に居住する、申し込みをされた在宅の高齢者や障害児・者へお弁当等を提供することによって、利用者の自立的生活を助長、社会的孤立感の解消および心身機能の維持や向上を図ることを目的としています(利用されたい方は、事前に登録が必要)。地域では、見守り活動の一環として、対象者の訪問の手段を意図的に作り、また、地域住民がボランティア参加するきっかけとしても実施されています。

実施していない校区もございますので、詳細については市社協までお問い合わせください。

高齢者SOSサービス事業
熊本市内に在住の高齢者等を対象に、台風や大雨等の災害時に、社会福祉施設等へ一時的な避難を行うことにより、対象者の日常生活の支援を行う事業です。(利用されたい方は、事前に登録が必要)。実施していない校区もありますので、詳細についてはお問い合わせください。
安心メール事業
校区の「安全で安心、心の通い合う暮らしやすい街づくり」を目標に、携帯電話のメールを用いて、不審者情報、子供に係わる犯罪発生情報、防犯・防災に関する情報、項区内のイベント情報、ボランティア情報、暮らしに役立つ有益な情報を、登録された地域住民等の方々に提供する事業です。

地域の方々との共通話題や活動情報を配信することで、潜在的な住民意識の掘り起こしや、若い世代の家族、転入などによる新住民層を含む広範囲の住民が参加しやすい環境を作る、回覧板・掲示板でお知らせした情報の催告地、一括した連絡方法、などの効果が期待できます。

実施していない校区もありますので、詳細につきましてはお問い合わせください。

災害時における福祉避難所
Adobe Reader 概要(災害時における福祉避難所について)
Adobe Reader 福祉避難所設置運営マニュアル
Adobe Reader 様式集

社会福祉法人 熊本市社会福祉協議会
〒860-0004 熊本市中央区新町2丁目4−27〔熊本市健康センター新町分室(旧西保健福祉センター)3階〕
TEL(096)322-2331 FAX(096)359-1800
Mail: info@kumamoto-city-csw.or.jp
※ Eメールによるお問い合わせの際は、お名前・住所・電話番号をご記入ください。返信には数日かかる場合があります。お急ぎの用件については、電話またはファクシミリにてお問い合わせください。
サイトマップ